ギターのCコードの押さえ方 | 指が届かなくて押さえられない人へ

Cコードの押さえ方とコツを解説

ギターのCコードの押さえ方が分からない。

Cコードを押さえようとしても
指が届かない。
ちゃんと音が出ない。

上記のお悩みを持つ方にオススメの記事です。

 

ギター初心者が最初に覚えるコードNo.1である
Cコードの押さえ方を解説していきます。

 

ちょっとしたコツを掴めば
すぐに弾けるようになれますよ!

 

この記事を書いてるのはどんな人?

筆者

どうも!
筆者の藤川翔一です!

ギター歴20年以上のシンガーソングライターです。

 

Cコードをたくさん使った僕のオリジナル楽曲。
「夢を見ていた 奇跡が起こっていた」

⬇︎

 

この記事を読んで、
サクッとCコードをマスターしてくださいね。

 

本記事の内容

本記事では以下の事をお伝えします。

  • Cコードを押さえる3つのコツ
  • Cコードをキレイに鳴らすコツ
  • Cコードの押さえ方の種類

Cコードについてを完全網羅しつつ
他のコードを押さえる時にも役立つ情報になります。

 

練習を始める前に爪を切ろう

ギターを練習する際は
必ず爪を切っておいてくださいね。

爪が長いとどんなコードも押さえられません。

 

ギターのCコードの押さえ方

まずCコードを押さえるためのコツをお伝えします。

 

Cコードとは
ド・ミ・ソで構成された和音のことです。

 

Cコードを押さえて弦を鳴らすと
各弦はド・ミ・ソのいずれかになります。

 

Cコードのコードフォームはこちら。
(ローコードで押さえた場合)
⬇︎

ギターのCコードの押さえ方

 

ローコードとは、
1フレットから3フレットあたりで作る
コードのことです。

 

  • 6弦 → ミュート(鳴らさない)
  • 5弦 → C (ド)
  • 4弦 → E (ミ)
  • 3弦 → G (ソ)
  • 2弦 → C (ド)
  • 1弦 → E (ミ)

筆者

ド・ミ・ソで
構成されてますね。

 

Cコードの音はコチラ⬇︎

 

Cコードを押さえるコツは以下の3つになります。

  • 指を起こさずに寝かせる
  • 指の間をストレッチする
  • 指板に対し斜め上に力を入れ弦を押さえる

 

それでは、始めていきましょう。

 

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

初心者の方は指を起こしているせいで
Cコードが押さえられない原因になっています。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

押さえる指が起きている状態

 

親指はこんな状態になってると思います。

 

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

ネックの裏側の様子

 

この押さえ方はNGです。

これだと指が思うように開かないので
フレットの近くをちゃんと押さえられない
原因になります。

 

一応、僕は押さえられていますが
これは指の開きが柔軟だから成せる技です。

大抵の人はちゃんと音が鳴らない、
あるいは手が凄くしんどいハズです。

 

筆者

ちゃんと音が鳴り
手も疲れないフォームに
切り替えましょう。

 

真っ直ぐに起きてしまっている指を寝かせて
以下のようなフォームになるように修正します。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

これが正しいフォームです。

指が横に寝ていて、ネックをしっかりグリップし
親指も見えています。

 

筆者

このフォームの作り方を
解説しますね。

 

正しいフォームを作る手順

指が起きてしまっている状態から
正しいフォームへの移行の手順をお伝えします。

 

手順①: 手の平を前に向ける

指が起きている状態でCコードを押さえると
手の平は上、もしくは自分の方を向いています。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

 

いったん指を離して手の平を前に向けましょう。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

この時になるべく脇は広げず、
肘を上げないようにしましょう。

姿勢を正して、ネックを後ろから
前に押し出すイメージを持つといいです。

 

筆者

リラックスしてくださいね。

 

手順②: 親指をネックに引っ掛ける

次に、手の平は前に向けたまま
親指をネックに引っ掛けてください。

場所は2フレットあたりです。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

 

前から見るとこんな感じです。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

 

この時の手の平の接地面は以下の通り。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

手の平をネックにベタっとくっつけないように
気を付けてくださいね。

 

手順③: コードを押さえる

親指を引っ掛けた状態から
Cコードを押さえましょう。

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

 

⬇︎

 

Cコード完成!指が斜めに寝てますね。

 

この手順でコードを押さえれば
指を寝かしての押弦が可能になります。

 

重要
押さえている弦意外には触れないように
指先は立てるようにください。

 

Cコードを押さえるコツ①: 指を起こさずに寝かせる

押さえない弦に触れないように指先は立てます。

 

 

6弦は親指で軽く触れてミュートしてください。

6弦を鳴らしてしまうと、
ルート音がE(ミ)になってしまうので
「C/E」というコードになってしまいます。

 

筆者

まずはCコードをちゃんと鳴らすために、
6弦は弾かないようにするか
しっかりミュートしよう。

 

Cコードを押さえるコツ②: 指の間をストレッチする

Cコードは指と指の間が開きやすいと
押さえやすいです。

Cコードを押さえるコツ②: 指の間をストレッチする

ここの開きが重要です。

 

重要
上手く押さえられない時は
ストレッチをしてからやってみましょう。

 

ストレッチの仕方は簡単。

指の間を右手でグイグイと広げます。

Cコードを押さえるコツ②: 指の間をストレッチする

習慣化して普段から行うようにすると
指と指の間の開きが、かなり拡張できます。

指が開くようになると押弦がかなり楽になるので
ぜひ試してみてください!

 

筆者

指の長さは関係ない。
指の開きが大切です。

 

Cコードを押さえるコツ③: 指板に対して斜め上に力を入れる

コードを押さえる時は
指板に対して垂直に力を入れるのではなく
斜め上に力を入れるようにしましょう。

Cコードを押さえるコツ③: 指板に対して斜め上に力を入れる

こうやって力を入れない。

上記画像のように垂直方向に力を入れると
指や腕に余分な力が入ってしまいます。

筆者

グッと力が入ると
コードチェンジなども
やりにくくなります。

 

余分な力を抜いて弦を押さえるために
以下のように斜め上に力を加えましょう。

Cコードを押さえるコツ③: 指板に対して斜め上に力を入れる

ネックに親指をぶら下げつつ
弦を少し持ち上げるイメージで押さえると
余分な力を使わずに弦を押さえることができます。

 

Cコードの開放弦(1弦と3弦)に
触れないようにするコツでもあるので
必ず意識するようにしてみてください!

 

Cコードをキレイに鳴らすコツ

Cコードをキレイに鳴らすコツ

次にCコードをキレイに鳴らすコツをお伝えします。

筆者

もう少し頑張って!
キレイなCコードを鳴らそう。

 

ちゃんと押さえているハズなのに
キレイに音が鳴らない人は以下を実践しましょう。

  • フレットの近くを押さえる
  • 各弦がちゃんと鳴るかを確認する
  • 指先の皮が硬くなるまで練習する

 

フレットの近くを押さえる

Cコードを押さえて音を鳴らした時に
音がビビったり、ピッチが悪くなる人は
フレットの近くを押さえるように心がけましょう。

フレットの近くを押さえる

赤丸のところに指先を置くようにする。

 

初心者の人がいきなり
フレットの近くに指を置くのは難しいです。

これは指が短いからとかではなく、
指と指の開きが足りないから。

筆者

ストレッチを沢山しよう!

 

初めはうまくいきませんが、
フレットの近くを押さえるよう心がけて
練習してみてください!

 

各弦がちゃんと鳴るかを確認する

Cコードを「ジャラーン」と鳴らした時に
音が詰まったりビビってしまうようなら
弦を1本ずつ弾いて原因を突き止めましょう。

 

特に初心者でありがちなミスは以下の通りです。

  • 2弦押さえた人差し指が1弦に触れている
  • 手の平が1弦に触れている
  • 4弦を押さえた中指が3弦に触れている
  • 指の開きが甘く人差し指が1フレットを超える

原因を突き止めればそこを改善すればいいだけです。

必ず細かくチェックしてみましょう!

 

指先の皮が硬くなるまで練習する

「弦を押さえる力が弱い。」
悩んでいる人も多いかと思います。

しかしこれは繰り返し弦を押さえて
指先の皮を硬くすることで解消できます。

 

毎日1時間の練習を2ヶ月ほど続けると
確実に指先の皮が硬くなってきます。

 

指先の皮が硬くなると、弦を押さえても痛くないので
その分ラクに押さえることができます。

 

筆者

弾けば弾くほど
上手くなります。

 

Cコードの押さえ方の種類

構成する音がド・ミ・ソであれば
どんな押さえ方をしてもCコードです。

つまりローコード以外にも
Cコードと呼べる押さえ方が存在します。

 

ここでは、ローコードと並んでよく使う
Cコードの押さえ方を2つ解説します。

 

Cコードパターン2の押さえ方

ローコードをパターン1として
パターン2がこちら。
⬇︎

Cコードパターン2の押さえ方

Cコードパターン2

 

Cコードパターン2の押さえ方

人差し指の先で6弦に触れてミュート。

 

パターン2はこんな音が鳴ります。⬇︎

 

響きはローコードに近いですが、
カッティング奏法をする場合に使ったりします。

 

この押さえ方は初心者の人には
ちょっと難しいかもしれないですが
コツを掴めば大丈夫です!

 

パターン2を押さえるコツ

人差し指の側面で3フレットをバレーしてください。

Cコードパターン2の押さえ方

指の真ん中ではなく、指の側面で押さえる。

 

そして自分から見て、
手の平がネックの前に来るように
他の弦を押さえるといいですよ。

Cコードパターン2の押さえ方

手の平が見えると押さえやすい。

 

Cコードパターン3の押さえ方

パターン3は8フレットでFの形を作る押さえ方です。

Cコードパターン3の押さえ方

Cコードパターン3

 

 

パターン3の音はコチラ⬇︎

 

アコギの弾き語りなどではあまり使いませんが、
エレキギターのカッティング時によく使います。

 

この押さえ方だとトップ音(コード内の一番高い音)
hi Cになり、とても明るいコード感になります。

 

筆者

パターン2と同様に
曲調や奏法によって
使い分けをしましょう。

 

パターン3を押さえるコツ

パターン3も人差し指で全ての弦を押さえる
バレーコードになります。

 

バレーコードを押さえる時に重要なのは、
人差し指で全部の弦を全力で押さえないことです。

 

6・2・1弦に力を入れればオッケー。

6・2・1弦を人差し指で押さえる。

 

6・2・1弦以外の弦は
人差し指以外の指で押さえてるので
人差し指に無駄な力を入れる必要はありません。

 

この感覚を持つだけで、
かなり楽にバレーコードが押さえられるハズです。

 

筆者

苦手意識は捨てて
取り組みましょうね!

 

Cコードについてまとめ

Cコードについてまとめ

まとめます。

今回はCコードが上手く押さえられない方に向けて
記事を作成しました。

Cコードを押さえるコツは以下の通りです。

  • 指を起こさずに寝かせる
  • 指の間をストレッチする
  • 指板に対し斜め上に力を入れ弦を押さえる

フォームの改善、指と指の間の柔軟性
そして弦を押さえる力の入れ方を変えると
Cコードが押さえやすくなります。

 

筆者

特にフォームが大切!

 

いざCコードを押さえて弾いてみたけど
上手く音が鳴らせない時
以下のことを実践してみてくださいね。

  • フレットの近くを押さえる
  • 各弦がちゃんと鳴るかを確認する
  • 指先の皮が硬くなるまで練習する

筆者

沢山弾けば指先の強度が増し、
コードを簡単に
押さえられるようになります。

 

ローコードのCを押さえるのに慣れてきたら
他の押さえ方にも挑戦してみてくださいね。

演奏の幅が広がります!

 

筆者

Cコードについて
語り尽くしてみた。。。
今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です